日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビールでいただきます!
キリンビールのWebサイトで連載されたビールに関するマンガエッセイ+コラム。とりあえずビールの人にも、こだわりのビール求道者にもお薦めの気軽な1冊。



ビールでいただきます!
  • 著:大田垣晴子
  • 出版社:ソフトバンク
        クリエイティブ
  • 定価:1050円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く


ビールでいただきます!


大田垣晴子
ソフトバンククリエイティブ(2007)
[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]










世界の中心でビールを飲む、という人にはおすすめの本。私もビールって長年なんとなく取りあえずの飲み物であったが、いろいろなビールの味わいというものがやっとわかってきたような気がする。特に外国に行くといろいろなビールを味わうことができ、いろいろ試すのが楽しみだ。ずいぶんおいしいビールにもめぐり合ったが、店を出るころにはすっかり名前を忘れてしまうので、まさに一期一会。おいしいビール探しの旅は終わらないのだ。

といっても別にそれほどのこだわりを持っているわけではなく、国産ナショナルブランドのビールはもちろんOKだし、発泡酒もそれはそれでよし(ただ第3のビールなるものはちょっときついのが多い)。そんな私でも気軽に読んでいくことができる。邪道とはわかっていながら飲む前の15分に製氷室に放り込んでおいたような、キンキンに冷やしたビールが好きなのだが、この本のコラムで正しいビールの飲み方、つまり温度、グラス、注ぎ方などを再学習して反省しているふりをしているところ。

確かに良い店で飲むビールはきれいなグラス、程よい温度、クリーミーな泡と、家で飲むビールとは別物である。そしてビールが進む食事。ビールほど様々な食事にあう飲み物は無いと思っていたが、この本を読んで改めてそうなのだと確信した。著者のビールに対する愛情、こだわりが伝わってくる。焼肉、揚げ物等の定番はもちろん、そば、鮎といった、一般的にはビールかね?というテーマについてもこのエッセイを読んでみると、それもありだねえ、と思わせる魅力がある。

ウエブマガジンに連載されていたということで、読みきりの食探訪マンガエッセイとコラムが延々と続く。一話一話はもちろん面白いのだが、流石に全部を通して読むのはきつい。気が向いたときにぱらぱらと読んでいくという読み方が良いだろう。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]


このエントリーは書評ポータル「本が好き!」から頂いた本の書評です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euglena.blog23.fc2.com/tb.php/44-919841b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。