日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
棟居刑事の黙示録
森村誠一の本を30年ぶりに読んだ。淡々としたストーリ展開。シリーズ物ということだが、主人公も今回は一休みというところか。



棟居刑事の黙示録
  • 著:森村誠一
  • 出版社:双葉社
  • 定価:580円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く





棟居刑事の黙示録

森村誠一
双葉社(2007)

[bk1で詳細を見る]
[amazonで詳細を見る]








森村誠一が「人間の証明」で角川映画ブームにのって大ヒットを巻き起こしてから30年になる。その後も、証明シリーズ、「悪魔の飽食」シリーズ、最近では映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」の原作など、コンスタンスに活動を続けている。私は「人間の証明」ブームの頃にいくつか作品を読んでからこのかた、全く彼の作品を読んでいない。実に30年ぶり。タイトルになっている棟居刑事というのが「人間の証明」に出てくる刑事であり、その後シリーズ化されているということも知らなかった。

さて、この作品。タイトルは「棟居刑事の黙示録」であるが、棟居刑事の、は単に棟居刑事シリーズであるというのを示す枕詞のようなもので、黙示録にはかかっていない。内容的にもはっきり言って刑事は誰でもよく、影が薄い。普通シリーズ物であればもう少し主役の心情や周辺を描いて、シリーズのファンをくすぐるものだが、ある意味潔いほどそういったものが見当たらない。最後の部分にちょっととってつけたようにあるくらいか。この物語では元暴力団組長の九鬼という男が主役である。昔は泣く子も黙る狂犬が今ではすっかり落ち着いているが、ふとしたことで知り合った少女に危機が訪れる、となると大体展開は読めそうなものだが、そういう意味では期待を裏切らない。

「人間の証明」というのはなんだかよくわからない小説であったが、唯一、人間の証明で棟居刑事を演じた松田優作のイメージだけが残っている。そのイメージで棟居刑事はその後どうなったのだろうと思っていたが、この小説では上述の通りただの脇役。まあ、ほかの作品ではもっと活躍してるのだろうが、かといって今のところわざわざ読む気にもならない。

初出は1998年らしい。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]


このエントリーは書評ポータル「本が好き!」から頂いた本の書評です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euglena.blog23.fc2.com/tb.php/42-54223fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。