日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームガールズ
ドリームガールズ
監督:ビル・コンドン
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー、ジェニファー・ハドソン
Dream Girls(2006)
Bill Condon
公式サイト

女性3人グループがマネージャのカーティスによりスターになっていく過程を描く。カーティスは彼女たちとの出会いの時から欺瞞に満ちている。コーラスグループを探しているスター、ジェームズにあてがい、自らを売り込むのにちょうどいいと見るや、策を弄して彼女たちのマネージャにおさまる。うまくジェームズに取り入って彼の毒気を抜いて幅広く売り出そうとするが、彼が思うとおりに動かずうまくいかないと見るや、今度はコーラスグループである彼女たちをスターに仕上げようとする。そして今度も毒気を抜くために、リードボーカルを個性的で情熱に満ちたエフィーから、没個性的なかわいこちゃんであるディーナに変えてしまう。

よく人は「夢をかなえるためならなんでもする」という。しかし実際には、その「なんでも」の幅は実はそんなに広くない。この映画の登場人物も色々なものを捨て去ることを要求され、思い悩む。彼女たちもスターになることを夢見て、なんでもすると最初は考えていたはずだが、そんなに単純なものではないと気づく。唯一人マネージャのカーティスだけが、ぶれることなく夢に向かって突き進んでいく。あらゆるものを切り捨てながら。

彼のことを金と欲に目のくらんだクズ野郎と決め付け否定するのは簡単だ。だが常に大衆に受けることだけを考え続ける彼のやり方は全て間違っているのだろうか。確かに汚い手口や無法なこともしているが、彼の作り出す音楽に大衆は賞賛し、金を払い続ける。大衆に受け入れられ、楽しみを与えているのは間違いない。ラストシーンのあと、彼も少しは変化するのだろうか。

原作がミュージカルということで、いくつか重要なシーンでミュージカル仕立てになる。全編を通して音楽に満ち溢れているので、登場人物が歌いだしてもさして気にならない。カーティスに操られ、甘く心地よいメロディーを奏でるディーナと、彼に反発して心の叫びを歌にするジェームズ、エフィーの歌が次々と流れる。どちらも素晴らしい出来である。

エフィー役のジェニファー・ハドソンがアカデミー助演女優賞を獲得したのは納得がいかない。主演女優賞の間違いではないか。存在感も歌唱力も文句のつけようがない。

その分、ディーナ役のビヨンセ・ノウルズは損な役回りである。当然観客はエフィーに肩入れしてしまい、完全敵役であるカーティスのいい子ちゃんとして目立っても損、目立たなくても損という役どころ。そんな抑えつけられた鬱憤を晴らすがごとく熱唱する Listen は見せ場。それまでカーティスにより封印させられてきた個性と情熱を爆発させる。いずれにせよ、ステージでのシーンはどれも色気の満ちた素晴らしいものである。

ジェームズ役のエディ・マーフィー。依然としてハリウッドで主役を張れる大看板でありながら、今回は脇役として味のある演技と濃厚なステージを見せてくれる。前半、彼が出てくると本当に楽しい気分になる。昔ながらのお調子者のエディだ。それだけに切り捨てられる存在としての彼を見るのはエフィーを見る以上につらい。そんな難しい役どころを気負いなく演じている。

YouTubeで、原作となったミュージカルバージョンでジェニファー・ホリデーの歌を聴くことが出来る。さすがのジェニファー・ハドソンの歌もこちらにはかなわない。

スポンサーサイト

テーマ:ドリームガールズ - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euglena.blog23.fc2.com/tb.php/41-fc3609ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。