日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーン・マン(ジョージ・C・チェスブロ)
ボーン・マン

ジョージ・C・チェスブロ
雨沢泰(訳)
文春文庫
BONE(1989)
George C. Chesbro

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

記憶喪失・ホームレス物、極限状況物

主人公はニューヨークを彷徨うホームレス。一言も言葉を発することなく、手には片時も離さず人間の大腿骨を持っている。とはいうものの誰に危害を与えるわけでもなく、風のように町で暮らしていた。しかし、ボーン・マンと呼ばれるこの男、ある日を境に公園に座り込み、全く動かなくなってしまう。雨の中、ホームレスをケアするソーシャルワーカに保護された男は言葉を取り戻すが、その代わりに過去の記憶を一切失っていた。そして保護された病院に刑事が現れ、こう伝える。「お前はホームレス連続殺人事件の容疑者だ」。知り合いのホームレスが殺され、彼がいつも握り締めている骨には人間の血液が付着していたのだ。

男は言葉遣いや知性、そして鍛えられた体を持っていることからもともとはそれなりの地位にいたと思われるが、1年ほど前に何かがありホームレスとなった。そしてまた2日前に起こった何かが彼に記憶を失わせることに。男はこの失われた2つの記憶と自らにかけられた連続殺人の真犯人を探しださなければならない。しかも彼にとっても最大の容疑者はボーン・マン、すなわち自分自身である。彼は真相を知ることを恐れながらも事件と容疑者、すなわち自分を調べるための調査を開始する。

犯人自体は比較的早い時点で明らかにされ、物語は主人公の自分探しの謎解きと犯人との対決が中心となる。ホームレスの街での暮らしぶりや収容センターの様子もなかなか興味深い。ある意味、刑務所物と同様に一般の社会とは別の規則で成り立つ世界での話、いわゆる極限状況物としても楽しめる。主人公はこの極限状況の中冷静に、むしろちょっと冷めた目でボーン・マンを見つめながら行動していく。いわゆるタフガイではないが、ある種の特殊技能を備えており、その力を生かして事件の核心に迫っていく。もっともその特殊技能がそもそも彼にこの災厄をもたらした元凶であるのだが。

脇を固める登場人物もなかなかユニークで飽きさせない。謎探索と冒険活劇が程よくミックスされている。ちょっと先が読める展開とご都合主義、若い女性が出てきたら主人公と恋に落ちないといかん原則等はいなめないが、この手の話にはありがちなので、そんなには気にならない。少しラストあたりの対決を派手にしたら良い映画の脚本になると思うのだが、映画化はされてないのかな。

ちなみに俺は誰なんだ記憶喪失物の名作、ボーン・アイデンティティ(邦題「暗殺者」)のボーンとは関係ない。あちらは Bourne で主人公の名前、こちらは Born で骨である。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euglena.blog23.fc2.com/tb.php/37-058176fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。