日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mr. & Mrs. スミス
「Mr. & Mrs. スミス」
監督:ダグ・リーマン
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー
Mr. & Mrs. Smith
Doug Liman

ボーン・アイデンティティー」の監督であるダグ・リーマンのスパイアクションということで一応気にはしていたが、二大スターの競演ということであまり期待しないほうがいいかなあとも思っていたこの映画。

ストーリは公式サイトで軽く紹介されているが、もうほとんどこれがすべてという感じ。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが出るんだぜ、ストーリーなんかどうでもいいじゃん、むしろ無いほうがマシ、か?

とにかく二人は凄腕の殺し屋なのだが、お互いそのことは内緒にして暮らしている。殺し屋の生活とはうって変わった家庭での平凡な日常生活。そら倦怠期にもなるわな、とかいってたある日、二人はたまたま同じターゲットを始末することになり、相手の正体もわからないまま対決する羽目に陥り、結局ターゲットを逃がしてしまう。このままでは失敗者の烙印を押されて将来もままならぬ二人は互いに手がかりを追って近づき、やがて壮大な夫婦喧嘩に突入する。

ブラッド・ピットって、「オーシャンズ11」に代表される、チンピラの優男みたいだが実は頭が切れる、みたいなイメージが強いが、流石に「トゥームレイダー」のアンジェリーナお姉さんと対決するとあっては、ちょいと鍛えとかないとやばいということで、結構アクションシーンに気合が入っている。でもやっぱりアクションではアンジェリーナに一日の長か。なんかこう華やかというか、見てて心地よい。当然二人とも殺し屋なので武器のオンパレード、銃弾の雨嵐。カーチェイスもあってアクション映画としては見所満載である。また芸達者な二人だけあって台詞回しやちょっとしたおとぼけも随所にあってお洒落な仕上がりである。こういうあたりはブラッド・ピットは実にいいねえ。

しかしこの映画、あらゆる意味でこの二人を見るためだけのもの。他の登場人物はほとんどいてもいなくてもいいような役割しかもらえていないし、当然印象にも残らない。ひたすら二人がいちゃいちゃしたり殴りあったり撃ちあったりしているのを見るのだ。でも結局みんなこの二人を見に来るんだろうからそれでいいのだ。名前で人を呼べて、十分満足させるというのが大スターというものであれば、まさにこの映画は二大スター競演によるすばらしい映画といえよう。

二人に襲い掛かる絶体絶命の修羅場。なんとなく「俺たちに明日はない」のボニーとクライドを彷彿とさせる雰囲気で「おー、このまま死んでいくんだなあ」とか思ったけどそんなことはありえないわな。残念。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://euglena.blog23.fc2.com/tb.php/24-8236ef69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。