日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本が好き!:私が「ヴィジュアル系」だった頃。



私が「ヴィジュアル系」だった頃。

市川 哲史
竹書房(2005)

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]








音楽に限らずであるが、人はアーティストをジャンル分けしたがる。アーティスト側としては甘んじて受け入れる人と、ジャンルという枠でひとくくりにされるのを嫌う人に分かれる。どちらかというと後者が多いだろう。ジャンル分けにはワンパターン、没オリジナリティといったネガティブな雰囲気も漂う。「ジャンルというのは聞く人が決めることであって、私としては特に自分の音楽はこのジャンルという意識はないです。」あたりが大人の回答であろうか。

しかし、「ヴィジュアル系」となると少々話が違ってくる。そう呼ぶなと明確に拒絶する人も多い。それはそうであろう。音楽的にどのジャンルであろうが音楽であることに変わりはない。しかし、「ヴィジュアル系」。そもそも音楽かんけーねーじゃん、みてくれだけかよ、という語感。音楽で勝負だ、という人にはなかなか受け入れられない言葉であろう。

そもそも定義がよくわからない。どうも化粧をして派手な服を着ているだけではだめらしい。古くはデビット・ボウイから、JAPAN、YMO、忌野清志郎、BOØWY、そしてバンドブームなる時代にポコポコ沸いて出た派手なグループとか。これってヴィジュアル系?

この本を読んだ結果、私の中での定義は 「ヴィジュアル系とは X の巻き起こしたムーブメント及びその余波」となった。BUCK-TICK はどうなんだ、COLOR はどうしてくれる、とか言われるかもしれないが、この本を読んだ限りではこうなる。たまたまなのか著者が意識してなのかはわからないが、正確ではなくとも誤りでもないであろう。この本の続編である「私もヴィジュアル系だったころ」の人選を見てもそういう雰囲気である。せっかくだから次回読もう。

基本的には対談集である。対談相手はちゃんと話ができるレベルのアーティスト及び編集者ばかりなので、対談とはいえ破綻することなく言いたいこと、あるいは著者が言わせたいことが伝わってくる。

最初は大槻ケンヂ。彼がヴィジュアル系の当事者なのか傍観者なのかは難しいところで、対談全編を通してこの話がネタとして出てくる。それはともかく、大槻ケンヂはやはり頭の回転が速く、弁が立つ。エッセイ、小説なども手がけるだけあって、口から出てくる言葉や展開も小気味よい。この業界ではデーモン小暮と双璧であろう。テレビですっかり文化人となっているのもさもありなんである。色物ヴィジュアル系、実は頭脳派文化人というところか。ROLLY もいれるべきか。

次が核心、X の YOSHIKI。いかにして音楽業界を切り裂いて自分たちの帝国を作っていったか。そして数々の破天荒なエピソードがちりばめられている。断片的に伝説は聞いていたが、本人の口から出た言葉として読むとなかなかのものである。しかし、この章に関しては著者がリードしてあんなこともあった、こんなこともあった、とぶつけてくるのに対して、「ああ、そうだねえ」と流している印象を受ける。過去のことは過去のことで興味がないのか、著者を信頼して展開をゆだねているのか。もちろん著者は YOSHIKI の起こしたムーブメントをリアルタイムで、しかもすぐ横から見ていたわけで、著者の総括に口を挟む必要はないのであろうが。

そして直系の子分 LUNA SEA の SUGIZO、注意深く避けて通ってきた PIERROT のキリトと続く。どちらの話も面白いし、自分の思いが詰まった言葉がストレートに出てくる。特に SUGIZO は可哀想だ。私ら外野は「河村隆一キモッ」とか言ってればよかったが、そうも言えず、てめーふざけんな光線を行間に漂わせつつ、御行儀良く対談に臨んでいる。いやあバンドというのはつくづく難しいものだ。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

このエントリーは書評ポータル「本が好き!」から頂いた本の書評です。




スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

極限状況物
「ボーン・マン」の紹介の中で、「極限状況物」という言葉を使った。あまり一般的な用語とも思えないが、普通の社会システムとは異なる環境、ルール、人物に囲まれた状況を舞台とした物語、といった意味で勝手に使っている。

例を挙げるなら監獄、戦時下・内戦下、未開の地、などがあげられる。本格ミステリでよく出てくる外界遮断物、例えば列車や船の中、吹雪で閉じ込められた山荘とかいうのもこのカテゴリといえなくもないが、あくまで一時的なものであり、また密室を構成するための小道具として用いられる場合が多く、あまり緊迫感はない。

日々生きていくこと自体が大変で、そこで人が一人殺されようがどうしようが、そんなの日常でしょ、という状況の中でちまちまと犯人探しをしないといけないというものが極限状況物である。事件の解決など基本的には空しい作業であり、設定も結末も空しいものが多い。むしろその過程の中で極限状況を描きこむことが大きな柱になっている。そういう意味では前述の「ボーン・マン」は一時的極限状況でまだ救いがある。

極限状況物のわたし的極限は、フィリップ・カーのベルリン三部作、すなわち「偽りの街」「砕かれた夜」「ベルリン・レクイエム」だ。第二次世界大戦前後のベルリンが舞台となっており、第一作はヒトラー総統支配下でまさにベルリンオリンピックが開催されているさなかの強盗殺人、第二作はナチス支配が確立しユダヤ弾圧が激しさを増す中での連続殺人、そして第三作は敗戦後、西側諸国とソ連が占領地、そして世界の支配にしのぎを削る中での人狩り。第一作に至っては極限の中の極限、悪名高い収容所も舞台になる。この作家、以後も色々独特な作品を出している。「屍肉」はソビエト連邦崩壊後のマフィアが暗躍するサンクトペテルスブルグが舞台であり、これも結構極限状況である。

もうひとつあげるとしたら、デイヴィッド・リンジーの「狂気の果て」。ヒューストン警察のスチュワート・ヘイドンシリーズであるが、この作品では秘密警察とゲリラが暗躍するグアテマラを舞台にしており、刑事物というよりエスピオナージュ(スパイ物)。ヒューストンの静かな自宅とグアテマラの壮絶な状況が一瞬にして切り替わり、極限状態がいっそう引き立っている。

そして牢獄物。これは結構いろいろなものが出ているが、最近読み返したミッチェル・スミスの「ストーンシティ」は刑務所という全く別世界のようでいて、実社会をいびつに変形させて圧縮した世界を丹念に描いており秀逸である。あまりに精緻に突きつけられる描写はあまり晴れやかな気分にさせてくれるものとは言えず、万人向けではないかもしれないが、極限状況を味わうにはもってこいである。これは近日中に書こうと思う。

同じ牢獄物で環境は同じなのだが、花輪和一の「刑務所の中」はなんとものどか。これも本人の体験によるエッセイ?マンガなので単純には比較できないが、この二冊が同じジャンルというのはかなり無理がある。無法地帯と化し一瞬でも気を抜いたら生きていけない世界に生きる主人公を描く「ストーン・シティ」に対し、高度に管理され看守の言われるまま何も考えることなく菩薩化していく「刑務所の中」。これはこれで極限状況といえなくもないか。映画も山崎努がゆるゆるの熱演を見せていい味出してる。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

ボーン・マン(ジョージ・C・チェスブロ)
ボーン・マン

ジョージ・C・チェスブロ
雨沢泰(訳)
文春文庫
BONE(1989)
George C. Chesbro

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

記憶喪失・ホームレス物、極限状況物

主人公はニューヨークを彷徨うホームレス。一言も言葉を発することなく、手には片時も離さず人間の大腿骨を持っている。とはいうものの誰に危害を与えるわけでもなく、風のように町で暮らしていた。しかし、ボーン・マンと呼ばれるこの男、ある日を境に公園に座り込み、全く動かなくなってしまう。雨の中、ホームレスをケアするソーシャルワーカに保護された男は言葉を取り戻すが、その代わりに過去の記憶を一切失っていた。そして保護された病院に刑事が現れ、こう伝える。「お前はホームレス連続殺人事件の容疑者だ」。知り合いのホームレスが殺され、彼がいつも握り締めている骨には人間の血液が付着していたのだ。

男は言葉遣いや知性、そして鍛えられた体を持っていることからもともとはそれなりの地位にいたと思われるが、1年ほど前に何かがありホームレスとなった。そしてまた2日前に起こった何かが彼に記憶を失わせることに。男はこの失われた2つの記憶と自らにかけられた連続殺人の真犯人を探しださなければならない。しかも彼にとっても最大の容疑者はボーン・マン、すなわち自分自身である。彼は真相を知ることを恐れながらも事件と容疑者、すなわち自分を調べるための調査を開始する。

犯人自体は比較的早い時点で明らかにされ、物語は主人公の自分探しの謎解きと犯人との対決が中心となる。ホームレスの街での暮らしぶりや収容センターの様子もなかなか興味深い。ある意味、刑務所物と同様に一般の社会とは別の規則で成り立つ世界での話、いわゆる極限状況物としても楽しめる。主人公はこの極限状況の中冷静に、むしろちょっと冷めた目でボーン・マンを見つめながら行動していく。いわゆるタフガイではないが、ある種の特殊技能を備えており、その力を生かして事件の核心に迫っていく。もっともその特殊技能がそもそも彼にこの災厄をもたらした元凶であるのだが。

脇を固める登場人物もなかなかユニークで飽きさせない。謎探索と冒険活劇が程よくミックスされている。ちょっと先が読める展開とご都合主義、若い女性が出てきたら主人公と恋に落ちないといかん原則等はいなめないが、この手の話にはありがちなので、そんなには気にならない。少しラストあたりの対決を派手にしたら良い映画の脚本になると思うのだが、映画化はされてないのかな。

ちなみに俺は誰なんだ記憶喪失物の名作、ボーン・アイデンティティ(邦題「暗殺者」)のボーンとは関係ない。あちらは Bourne で主人公の名前、こちらは Born で骨である。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

ぼちぼち復活
いろいろ事情もあってずいぶんほったらかしにしていたが、ちょっと落ち着いてきたので、少しずつ復活させていきたい。ま、また一瞬にして消えてしまうかもしれないのでえらそうな事いわずにぼちぼちと。

とはいうもののなんか新しいことやってみようという気もあるので、「書評と感想:本が好き」というのに申し込んでみた。詳細はリンクをたどってもらうとして、要するに書評を書くという条件で、書いてもらいたい出版社が提供する本を無料でもらえるというもの。書かなければいかんというプレッシャーが吉と出るか凶と出るかはわからないが、新しい本に出会える機会が増えるというのはいいことなので、無理せずにやれたらと思う。

とはいうものの、会員になるには800字くらいの書評を定常的に掲載していることが条件との事なので、こんな1年もほったらかしてるサイト、選考に落ちる可能性も大。ということで直前対策的助平策略としてひとつ書評追加してみますが、こんなものでいかがでしょうか、選者の方。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。