日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代替エネルギーの行方
代替エネルギーの行方

伊藤洋一のビジネストレンド (日経ネットBizPodcast)
第73回「代替エネルギーの行方」 2月19日公開

先週、「地球温暖化をくいとめられるか?=バイオガソリンの販売開始」と「エタノール需要急増で果汁飲料値上げ」という二つのニュースがほぼ同時に流れた。結果として新エネルギーと食糧問題というひとつのカテゴリーが認知され、広くテレビでも取り上げられることとなったわけだが、それを見てこの PodCast を思い出した。ここではブラジルのバイオエタノール政策、アメリカのトウモロコシ生産現場の状況等から、本来食料として消費されるべき穀物が工業用に回されることにより何が起こるかということを説明し、疑問を呈している。

環境問題というのは社会全体のシステムに関わる問題であるだけに、局所的な損得勘定だけではなかなかうまくいかないという好例であろう。いろいろな事実、データをもとに広く影響を予測しながら進めていく必要がある。そのためには感情にとらわれることなく、客観的な判断が必要なのだが、なかなか難しい。ともすれば経済のエゴと感情的な省エネ・リサイクル論に振り回されてしまう。

伊藤洋一氏はテレビ等でもコメンテータとしてよく見かけるが、その割には言っていることもまともで、主張も大体一貫している。すべての主張に賛同できるかどうかは別問題であるが、経済動向の着眼点をいろいろわかりやすく提示してくれるので、役に立つ。「伊藤洋一のRound Up World Now!」とあわせておすすめである。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。