日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーン・マン(ジョージ・C・チェスブロ)
ボーン・マン

ジョージ・C・チェスブロ
雨沢泰(訳)
文春文庫
BONE(1989)
George C. Chesbro

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

記憶喪失・ホームレス物、極限状況物

主人公はニューヨークを彷徨うホームレス。一言も言葉を発することなく、手には片時も離さず人間の大腿骨を持っている。とはいうものの誰に危害を与えるわけでもなく、風のように町で暮らしていた。しかし、ボーン・マンと呼ばれるこの男、ある日を境に公園に座り込み、全く動かなくなってしまう。雨の中、ホームレスをケアするソーシャルワーカに保護された男は言葉を取り戻すが、その代わりに過去の記憶を一切失っていた。そして保護された病院に刑事が現れ、こう伝える。「お前はホームレス連続殺人事件の容疑者だ」。知り合いのホームレスが殺され、彼がいつも握り締めている骨には人間の血液が付着していたのだ。

男は言葉遣いや知性、そして鍛えられた体を持っていることからもともとはそれなりの地位にいたと思われるが、1年ほど前に何かがありホームレスとなった。そしてまた2日前に起こった何かが彼に記憶を失わせることに。男はこの失われた2つの記憶と自らにかけられた連続殺人の真犯人を探しださなければならない。しかも彼にとっても最大の容疑者はボーン・マン、すなわち自分自身である。彼は真相を知ることを恐れながらも事件と容疑者、すなわち自分を調べるための調査を開始する。

犯人自体は比較的早い時点で明らかにされ、物語は主人公の自分探しの謎解きと犯人との対決が中心となる。ホームレスの街での暮らしぶりや収容センターの様子もなかなか興味深い。ある意味、刑務所物と同様に一般の社会とは別の規則で成り立つ世界での話、いわゆる極限状況物としても楽しめる。主人公はこの極限状況の中冷静に、むしろちょっと冷めた目でボーン・マンを見つめながら行動していく。いわゆるタフガイではないが、ある種の特殊技能を備えており、その力を生かして事件の核心に迫っていく。もっともその特殊技能がそもそも彼にこの災厄をもたらした元凶であるのだが。

脇を固める登場人物もなかなかユニークで飽きさせない。謎探索と冒険活劇が程よくミックスされている。ちょっと先が読める展開とご都合主義、若い女性が出てきたら主人公と恋に落ちないといかん原則等はいなめないが、この手の話にはありがちなので、そんなには気にならない。少しラストあたりの対決を派手にしたら良い映画の脚本になると思うのだが、映画化はされてないのかな。

ちなみに俺は誰なんだ記憶喪失物の名作、ボーン・アイデンティティ(邦題「暗殺者」)のボーンとは関係ない。あちらは Bourne で主人公の名前、こちらは Born で骨である。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る]

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

古い骨(アーロン・エルキンズ)


オンライン書店ビーケーワン:古い骨


古い骨

アーロン・エルキンズ
青木久恵(訳)
ハヤカワ・ミステリアルプレス
OLD BONES(1987)
Aaron Elkins

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場で詳細を見る]icon

過去の殺人、骨業界物

人類学教授で骨の研究を専門とするギデオン・オリバーが、発見された人骨をもとに過去の事件、そしてそこから現在へとつながる事件を解決していくシリーズの代表作。ギデオンはこの名前が気に入っていないので、「スケルトン探偵シリーズ」と呼ぶのは控えておこう。

ギデオンが扱うのはもっぱら古い骨であり、それも古ければ古いほどよい。現在の殺人事件でも身元不明死体などで当然骨の鑑定というのはありえるが、ギデオンはこちらは全くだめである。実際の殺人現場に行けば必ず気分が悪くなるし、血や肉がついた骨は絶対彼の興味の対象にならない。したがって事件は必然的に過去、それも数十年前におきた事件の骨にまつわる謎を解き明かすというスタイルをとることになる。

いってしまえばワンパターンなのだが、ギデオンの教授らしからぬ軽いノリ、どこにでも顔を突っ込むお調子者の性格と、素人探偵であるギデオンをサポートし、よき友人である(これもまたらしからぬ)FBI特別捜査官ジョン・ロウ、そしてギデオンの妻ジュリーの3人が織り成す会話がなんとも言えずほのぼのとした雰囲気を醸し出している。シリーズ物の武器は登場人物の魅力に尽きるが、このシリーズにおいてもこの3人が出てくるだけでいいや、と思わせる魅力を持っている。

このシリーズのもうひとつの特徴は、毎回世界各地の色々な場所が舞台となることが挙げられる。古い骨が発見される場所も色々バラエティに富んでおり、旧家の地下室、ホテルの庭、果ては氷河の中など盛りだくさんである。教授であるオリバーは学会だの講演会だの適当に用事を作って世界中飛び回ればいいが、シアトル勤務の連邦捜査官であるジョンを如何に作品に登場させるかという難問に作者は苦労させられている。読み手としてはプロットやトリックに多少無理があっても気にならないが、今回どうやってジョンが実際に現地までやってくるのかの方が気になり、「うーん、それはちょっと無理があるんじゃないの」とか思ってしまう。でも彼が出てこないと読者としても楽しみ半減なので、もちろん誰も文句は言わない。

この作品はシリーズの3作目であるが、アメリカ探偵作家クラブ賞を受賞し、出世作となったこともあり、日本で最初に紹介された作品である。シリーズの大きな魅力は登場人物であるが、個々の事件は完全に独立しており、どの作品から読んでも面白さを損なうことは無い。北フランスを舞台に第2次世界大戦にまでさかのぼる本作品は文句無く面白く、ここから読み始めるのもよいが、ひとつだけ大きな問題がある。ジュリーがほとんど登場しないのである。ギデオンとジュリーは2作目で初めて出会い結ばれるのだが、3作目である本作品ではこの3人が顔をそろえるという定番がまだ確立していなかったとも言える。とはいえ、毎晩のように長電話でのろけながら事件について語り合うので、二人の会話は十分堪能することができる。


[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場で詳細を見る]icon



テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

シグマ最終指令(ロバート・ラドラム)


オンライン書店ビーケーワン:シグマ最終指令 上巻 オンライン書店ビーケーワン:シグマ最終指令 下巻


シグマ最終指令

ロバート・ラドラム
山本光伸(訳)
THE SIGMA PROTOCOL (2001)
Robert Ludlum


[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場]icon

国際謀略、追われる男物

スパイ物一筋といった感じのこの作者、最近ではマット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」の原作者といった方が通りがよいか。この手のハードな原作物の映画化はだめだめになることが多いが、両作とも映画としても結構よかった。

さて、この作品、スケールの大きな謀略物である。主人公の男、ベンは旅先で15年振りに再会した旧友にいきなり殺されかけ、なんとか逆襲して生き延びるが、それを皮切りに、わけもわからぬまま行く先々で命を狙われる。一方、もう一人の主人公の女、米国のエージェントであるアンナは、理由を明らかにされぬままとあるリストに載っている老人たちの死因について再調査を命じられ、こちらもわけもわからぬまま世界中を飛び回りながらも地味な調査を続けていく。読者も含めてなかなか謎が明かされぬまま話は進み、下巻に入ってようやくこの主人公二人がめぐり合うあたりから男を追うもの、女が追うものの正体がおぼろげに見えてくる。それは第2次大戦における連合国と枢軸国、そして冷戦下の東西陣営という枠組みを超えて全く別の論理で世界をコントロールしようとする秘密結社であった。

こう書くとなかなかの大風呂敷であるが、荒唐無稽な感は全く無く、これに近いことは行われていても不思議が無いと感じさせるのはさすがの力量である。

この主人公、もちろん普通のサラリーマンなので、スパイと暗殺者のうごめく世界では唯の素人なのだが、意外な力を武器にしてアンナを助ける。それはひそかに鍛えた筋肉でも空手の技でもなく、金の力である。サラリーマンといっても投資会社のボンボン役員なので、金とコネはある。この力を使って米国エージェントであるアンナを出し抜く程の情報を仕入れて、秘密結社に一歩先んじることに成功する。このあたりが単なる冷戦、あるいはそれ以後の国際関係における情報戦、といった普通の国際謀略物とは違った物差しを使って構成されている本作品のユニークなところを示している。この物差しにおいては米国エージェントといえども古いタイプに属してしまう。

冷戦下の東西対決というモチーフ自体が崩壊して以降、国際謀略物も背景の激変に伴い変化を余儀なくされたが、古い世界で巨匠と呼ばれたラドラムはたとえ背景が変わろうともオリジナリティのある枠組みを作品の中で作り上げて読者を巻き込んでいくのは流石である。かなり晩年の作品であるが、力の衰えは一切感じられず、ぐいぐいと引っ張られる心地よさを味わくことができる。作者の他の作品同様、文庫にして上下2巻の大作だが、全く飽きさせない。かなり冷徹なストーリ展開と冷酷な描写が多いのだが、この作品はかなり読みやすいと思う。ちょっとあまりにもリアルなのは苦手だけど、甘っちょろいご都合主義は御免、という人にもお勧めである。

しかし、作品に出てくる伝説の暗殺者、どこまで逃げても男を追い詰めていくのは流石だが、何回も殺し損ねてるのはちょっといただけない。無論主人公を殺してしまっては話が終わってしまうので、結局殺されてしまう損な役割だというのはわかるんだけど、素人相手にちょっと失敗しすぎじゃない?

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場]icon

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

ゴーストフライト(ウイリアム・カッツ)
ゴースト・フライト―アドルフ・ヒトラーの帰還

ウイリアム・カッツ
鴻巣友季子(訳)
東京創元社
GHOSTFLIGHT
William Katz(1980)

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場]icon

国際謀略、ネオナチ物


歴史にもしもは無いが、フィクションの世界にもしもはつき物である。もしもあの時こうなっていたら、もしもあの人が生きていたら、というところからスタートする物語は読者が容易にその作品の世界に入っていけるという点で好んで用いられる手法の一つである。

この作品は、アドルフヒトラーがもしも生きていたら、というのがメインのテーマである。このテーマ自体はかなり使い古されたテーマであるが、この作品ではヒトラーが一種の若がえり療法を受けており、戦後40年以上たっても当時と遜色ない若さを保っているという点と、もう一人実在の有名人、これも第2次世界大戦前夜に消息を絶ち、死亡したと思われていたアメリア・イアハートも同様の療法を受けて蘇るという点が独特である。

物語はアメリアが消息を絶ったときに搭乗していたプロペラ機・ロッキードエレクトラで1982年のロスアンジェルス空港に着陸するところから始まる。アメリア・イアハートは1928年に女性で初めて大西洋単独飛行を成し遂げた女性パイロットの草分けである。名前とこの程度の業績はある程度知られているが、私も実際にどういう人であったのかはよく知らなかった。彼女は1937年、南太平洋で行方不明となり、機体も遺体も発見されていない。

行方不明になった場所は当時日本が領有していた島が付近にあったことから、アメリアはスパイ活動を試みていて日本軍に撃墜された、という説もあるらしい。この物語ではこのモチーフを生かして、実際にアメリアがスパイであり、撃墜されたもののひそかにドイツ軍の捕虜になり、若返り療法の実験台になるという設定である。

なかなか荒唐無稽な設定であるが、話自体はネオナチの組織がドイツの政情不安に付け込んで1933年のヒトラー政権設立時さながらのテロを企てるのを、アメリカの情報機関エージェント(といっても局長である)が如何に阻止をするか、というスパイ活劇である。Xデーに向かってアメリカから始まってイスラエル、イタリアそしてドイツへと舞台を変えながら計画を進めるテロリスト、追跡するエージェントの緊迫した対決が描かれている。

この物語の最大の特徴はヒトラーとアメリアという接点の無い二人を蘇らせて対決させるというところにあるはずなのだが、惜しむらくはこの二人とも登場人物としては影が薄い。アメリアは物語のほぼ全般にわたって主人公と行動を共にするが、あまり重要な役割を果たさない。ヒトラーの方もほとんどいるというだけで最後になるまで台詞すらない。このあたり謎を匂わす描写であるが、強烈な個性を持った独裁者の活躍の場はあまり無く、不完全燃焼の印象が強い。作者としてはあまり二人の幽霊が活躍しすぎるとあまりにもリアリティがなくなってストーリがおざなりになってしまうと考えたのかもしれないが、もともとそういう設定から始まったのだから、もう少し活躍させてもよかったと思う。

[bk1で詳細を見る] [amazonで詳細を見る] [古本市場]icon

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

同居人求む(ジョン・ラッツ)
同居人求む

ジョン・ラッツ
延原泰子(訳)
ハヤカワ ミステリアス・プレス
SWF SEEKS SAME
John Lutz

[bk1で詳細を見る][amazonで詳細を見る][イーブックオフで詳細を見る]


サイコスリラー、女の戦い物

アリはニューヨークのアパート住まい。恋人と同居しているが、アパートの管理会社が同居、又貸しを禁じているため、隣人にも同居の事実がばれないように暮らしている。

ある日恋人の浮気を知ったアリは、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。