日々彷徨
興味を引かれるものにふらふらと吸い寄せられながらウン十年。 過去と現在に出会った物を記録しようじゃないか。 海外ミステリの話が多くなると思うんだけど予断は許さない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極限状況物
「ボーン・マン」の紹介の中で、「極限状況物」という言葉を使った。あまり一般的な用語とも思えないが、普通の社会システムとは異なる環境、ルール、人物に囲まれた状況を舞台とした物語、といった意味で勝手に使っている。

例を挙げるなら監獄、戦時下・内戦下、未開の地、などがあげられる。本格ミステリでよく出てくる外界遮断物、例えば列車や船の中、吹雪で閉じ込められた山荘とかいうのもこのカテゴリといえなくもないが、あくまで一時的なものであり、また密室を構成するための小道具として用いられる場合が多く、あまり緊迫感はない。

日々生きていくこと自体が大変で、そこで人が一人殺されようがどうしようが、そんなの日常でしょ、という状況の中でちまちまと犯人探しをしないといけないというものが極限状況物である。事件の解決など基本的には空しい作業であり、設定も結末も空しいものが多い。むしろその過程の中で極限状況を描きこむことが大きな柱になっている。そういう意味では前述の「ボーン・マン」は一時的極限状況でまだ救いがある。

極限状況物のわたし的極限は、フィリップ・カーのベルリン三部作、すなわち「偽りの街」「砕かれた夜」「ベルリン・レクイエム」だ。第二次世界大戦前後のベルリンが舞台となっており、第一作はヒトラー総統支配下でまさにベルリンオリンピックが開催されているさなかの強盗殺人、第二作はナチス支配が確立しユダヤ弾圧が激しさを増す中での連続殺人、そして第三作は敗戦後、西側諸国とソ連が占領地、そして世界の支配にしのぎを削る中での人狩り。第一作に至っては極限の中の極限、悪名高い収容所も舞台になる。この作家、以後も色々独特な作品を出している。「屍肉」はソビエト連邦崩壊後のマフィアが暗躍するサンクトペテルスブルグが舞台であり、これも結構極限状況である。

もうひとつあげるとしたら、デイヴィッド・リンジーの「狂気の果て」。ヒューストン警察のスチュワート・ヘイドンシリーズであるが、この作品では秘密警察とゲリラが暗躍するグアテマラを舞台にしており、刑事物というよりエスピオナージュ(スパイ物)。ヒューストンの静かな自宅とグアテマラの壮絶な状況が一瞬にして切り替わり、極限状態がいっそう引き立っている。

そして牢獄物。これは結構いろいろなものが出ているが、最近読み返したミッチェル・スミスの「ストーンシティ」は刑務所という全く別世界のようでいて、実社会をいびつに変形させて圧縮した世界を丹念に描いており秀逸である。あまりに精緻に突きつけられる描写はあまり晴れやかな気分にさせてくれるものとは言えず、万人向けではないかもしれないが、極限状況を味わうにはもってこいである。これは近日中に書こうと思う。

同じ牢獄物で環境は同じなのだが、花輪和一の「刑務所の中」はなんとものどか。これも本人の体験によるエッセイ?マンガなので単純には比較できないが、この二冊が同じジャンルというのはかなり無理がある。無法地帯と化し一瞬でも気を抜いたら生きていけない世界に生きる主人公を描く「ストーン・シティ」に対し、高度に管理され看守の言われるまま何も考えることなく菩薩化していく「刑務所の中」。これはこれで極限状況といえなくもないか。映画も山崎努がゆるゆるの熱演を見せていい味出してる。

スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

ぼちぼち復活
いろいろ事情もあってずいぶんほったらかしにしていたが、ちょっと落ち着いてきたので、少しずつ復活させていきたい。ま、また一瞬にして消えてしまうかもしれないのでえらそうな事いわずにぼちぼちと。

とはいうもののなんか新しいことやってみようという気もあるので、「書評と感想:本が好き」というのに申し込んでみた。詳細はリンクをたどってもらうとして、要するに書評を書くという条件で、書いてもらいたい出版社が提供する本を無料でもらえるというもの。書かなければいかんというプレッシャーが吉と出るか凶と出るかはわからないが、新しい本に出会える機会が増えるというのはいいことなので、無理せずにやれたらと思う。

とはいうものの、会員になるには800字くらいの書評を定常的に掲載していることが条件との事なので、こんな1年もほったらかしてるサイト、選考に落ちる可能性も大。ということで直前対策的助平策略としてひとつ書評追加してみますが、こんなものでいかがでしょうか、選者の方。
京成バスの車内アナウンス
今朝幕張本郷から海浜幕張行きのバスに乗ると、「千葉ロッテマリーンズの渡辺俊介です、、、」というアナウンスが。続いていつもの文面を淡々と読み上げる渡辺選手の声が。

そういえば、今日はマリンスタジアムでの開幕戦なのだな。京成バスの車内も 「2oo6」 と書かれた広告一色になっていた。今年も色々趣向を凝らして楽しませてくれそうだ。

帰りのバスは今江選手とバレンタイン監督。監督は渡辺選手とは違っていつもながらのノリノリのアナウンス。

今回、運良く米国出張中にWBCが開催されており、アナハイムで何かと話題の米国戦を見ることが出来た。球場に足を運ぶのは久々であったが、どこであれ、なんであれやはり球場はいいものだ。ロッテの選手もたくさん間近で見ることが出来たので、これも何かの縁だから今年はもう少しマリンスタジアムに足を運ぶかな。

しかし、この試合、薮田が一番良かったと思うのだが、あまり取り上げられなかったようだね。ま、中継ぎだし仕方ないか。確かに上原も良かった。でも薮田がぽんぽんと三振取ったときは回りのアメリカ人も「ほーっ」って感じだったね。



テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

今週の映画
2006年1月17日(火)00:30よりNHK BS2で「K-PAX 光の旅人」が放送される。数年前の映画だが、非常に印象深い良い映画だったので、感想を書いてみた。興味を持った人は是非ごらん頂きたい。邦訳は在庫切れのようだが古本で入手して読んでみようかな。3部作全部読みたいが洋書だと積読に終わる可能性が大、、、


時差ボケ
10日ほど海外出張に行っていたので、ずいぶん久しぶりの更新になってしまった。最近はどこ行ってもインターネットを手軽に使えるので、出張中も雑感くらい更新できると思ってたが、甘かった。移動が多いから読書も進むので3冊くらい本の感想をアップできるかと思ったが何が何が。

もちろん、接続環境は問題なかったんだけど、仕事以外で文章を書こうという気にならない。まずは時差。昔は時差に強いほうだと思ったのだが、最近はどうもきつい。昼過ぎに眠くなり会議で寝てしまうのは時差がないときもそうなので特に問題ないが、晩飯くらいから強烈に眠くなる。これは問題。どうしても外食が多くなり、そうするととりあえずビールってことになるが、食事が終わらないうちから眠くなり、非常につらい。で、早く寝たりすると朝4時くらいに目が覚めて、またまた悪循環に陥る。

で、帰国してきたわけだが、これからしばらくは同様に眠い日が続く。でも夜中に目が覚めることは少ない。ということはやはりホテルのベッドがよくないというか、あっていないのもあるのだろう。普段は布団で寝ているのだが、ホテルの、硬いとはいえ畳よりはやわらかいマットレスだと腰に負担が来て熟睡できないのだろう。軽い寝違いにもよくなる。ま、それは国内出張のときも同じはずだがそれほどひどくないということは時差との相乗効果なんでしょうね。

枕が替わると眠れないというが、布団を持って飛行機に乗れということか、、、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。